2006年06月01日

ソーサリアン

クローズドβ当選したソーサリアンオンラインの話。

FF11の劣化コピーと言われてるように、ソーサリアンの良さというものが全く反映されてないし、「どこがソーサリアン?」ってものでした。
まさに名前と音楽だけライセンス契約した感じです。
おそらくFF11基本に作っておいたところに後付したのでしょう。

ーサリアンMAP.JPG
▲このマップではペンタウァ、ヤマト(戦国ソーサリアン)、リドニア(ピラミッドソーサリアン)の国が1つのワールドであるように見えますが、ペンタウァをスタート国として選べません。
ペンタウァこそソーサリアンの本拠地なのに…。

ヤマトの国.jpgリドニアの国.jpg
▲ヤマトの国(左)とリドニアの国(右)
ヤマトの国は戦国ソーサリアンが基本ということで和風の服装と建物です。
リドニアのほうは音楽から察するにピラミッドソーサリアン基本みたいですが、ちょっと意味不明の都市って感じです。

狩りクエ.jpgお使いクエ.jpg
▲狩りクエ(左)とお使いクエ(右)
ソーサリアンの良いところは、まずシステムがしっかりしている事。
次にアドベンチャーゲームのように演出のある内容の濃い短編シナリオ。
そして音楽でした。

しかし、ソーサリアンの音楽を適当に使っただけで、結局やることといえば、狩りと物を運ぶだけのクエ。
クエは仲介されるシステムではなく、無数にいるNPCの中からクエに関係したキャラを探すシステムなので一苦労です。

ちなみに話しかけられたキャラクターは目パチだけで動きが止まった状態になります。(もうなんだか…)

クローズドβだからといってこれはひどい。
ドラクエが3Dになってもドラクエしてたように、ソーサリアンもソーサリアンユーザーがある程度納得いくものでないとまずいでしょう。
ソーサリアンの名を冠するに恥ずかしくないよう作りこんで欲しいものです。
延期ならいくらでもしても構いません。


場違いな服装.jpg
▲ヤマトの国で地図を売ってるNPC。
せっかく世界観を和風にしてるのに、この服装はいったい…。
やはり世界観は後付という印象はぬぐえないですね。

部屋.jpg
▲自室があり、ここでクラスを変更できる。
クラスはファイターやらレンジャーなど一応職業のようなものになっています。

ソーサリアンといえば医者やら泥棒やらユニークな職業がいろいろあり、特定の職業のキャラを連れていないとクリアできないシナリオもあり、それがストーリーを盛り上げていました。
このクラスが職業ということになると、その面白さも半減するでしょう。


↓フィールドのプレイ動画

▲FF11にそっくりと言われるのはこれで実感できるだろうか。
キャラの走り方もぎこちない。
特定の場所で草を刈ることもできる…らしい。


装備外すと
▲もっと力入れるところあるだろうと言いたい。
漢キャラはこんな薄着にならないし、しかもキモいですw
posted by アミバ様 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・・・・コレがソーサリアン?
・・・・・・だ、だめだ期待が出来ない('A`)
というか、ソーサリアンだと認めたくない。・゚・(ノд`)・゚・。
Posted by ルドミラ・アーチャー at 2006年06月05日 07:04
ンーサリアソだと思うw
Posted by アミバ様 at 2006年06月13日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18776517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

そして一週間の後
Excerpt: さてソーサリアンオンラインクローズドβは滞りなく(?)終了の模様。 性懲りも無くソーサリアンオンラインの情報スレッドから一番心に残った書き込みを一つピックアップしてみよう。 「このゲームをやるのに..
Weblog: 人柱 of ソーサリアンオンライン
Tracked: 2006-06-08 17:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。