2009年03月09日

冒険が楽に!?

とあるフレから「1日5、6時間のプレイで、採集や地図回しなどなしで2週間でLv1からLv52になりました」という情報をもらいました。
かくいう私もエロ鯖で0から始めて支援なしで1日3時間の6日のプレイで発掘など資金稼ぎを入れてもLv29に達してるのでまんざらでもないと思いましたが、なぜもここまで楽になったのか、以前と何が違うのか検証(大げさ)してみました。

  1. 依頼斡旋書の登場(2005/8/3〜)
    これ以前はクエを再提示させるのに一定距離以上航海する必要がありました。その事をブーメランと呼んでましたが、未実装の頃はそれだけで1日終わることもザラで、目当てのクエを出すのに何週間もかかることがありました。「クラウソナス」は結局出ず、依頼斡旋状が出るまで待たないといけませんでした。
  2. レアクエの提示率アップ(2005/10/5〜)
    前述の「クラウソナス」なんて何ヶ月も出ないのが当たり前でした。
  3. 依頼斡旋書が入手しやすくなる(2005/11/2〜)
    発見物ありのクエ、地図の報告などでももらえるようになりました。最初は航路クエだけで、1枚しかもらえず、冒険、商人、海事とそれぞれ分かれてました。
  4. クエの提示枠の増加(2005/12/14〜)
    最初はレベルに関係なく5枠固定でしたが、Lvに応じて最大10枠に増加。
  5. 発見物カードの登場(2006/4/12〜)
    発見時経験の25%もらえるようになりました。当時私を含めた発見コンプリしてたプレーヤーは不満を口々にしていたものですw
  6. 開錠の獲得熟練値がアップ(2006/8/30〜)
    これまでは極めてマゾかったですよーw
  7. 東地中海の安全海域化(2006/8/30〜)(※追記)
    初級冒険者の聖域でもある東地中海もかつては危険海域。ナイル入り口、カンディア周辺を根城にしていたPKがいたもんですね。安全海域キャンペーンの時は冒険者で賑わってた事もあり、恒久安全海域化が望まれていました。
  8. 転職による熟練度の消失がなくなる(2007/3/14〜)
    最近始めた人には信じられないかもしれませんが、かつてのスキルは優遇→非優遇→優遇とすることで熟練度が半分になっていました。私も大海戦の度に熟練度を半減させていたものです。2005/7/13までの仕様なら1つのスキルくらいなら何とか守る方法がなかったわけではないですが、いずれにせよ、かなり計画的な転職が求められてました。
  9. 航海者養成学校の登場(2007/8/22)
    初級の途中でもLv10近くまでいったり、転職証や変装・正装の高い装備をもらえるのが大きいですね。
  10. 発見物の価値増加に伴い、発見時の獲得経験値アップ(2008/4/16〜)
    低ランクの発見物は変化がありませんが、中ランクから+10%〜+30%ほど増えています。例えば「エクスカリバー」は950から1235です。初期実装クエでは低かった報告時経験も追加クエからは著しく上昇しました。南米や東南アジアのクエが近距離でも美味しいのはその為です。
  11. 再発見時の経験値が倍増(2008/4/16〜)
    2回目以降の発見ではずっと25%しかもらえなかったのが、今は50%ももらえます。これは体感的にかなり大きいですね。
  12. 再発見ボーナスの追加(2008/4/16〜)
    2回目以降の発見で「さらに詳しく分析できた」としてボーナス経験値が入り、総発見数に応じて増加していきます。最大で初回発見時の40〜50%くらいですかね。例によってカンストしてから実装されたシステムなので、発見600程度のセカンドでしか確認することができませんが(22.7%でした)、これもかなり大きいですね。
  13. 洋上航行における獲得経験値をUP(2008/4/16〜)
    冒険レベルが低ければ低いほど、航行で獲得できる冒険経験が著しく上がっています。低レベルだと例えばカリブまで500、インドまで1500、リボンからセウタでも50など。以前はこの1/10もなかったかもしれません。
  14. 発見物カード入手時の獲得経験値を倍増(2008/4/16〜)
    2006/4/12に実装され、従来初回発見時の25%だったのが、50%もらえるようになりました。これは発見時経験のアップとの相乗効果により、さらに美味しくなってます。
  15. 嵐で得られる経験値のアップ(2008/4/16〜)
    倍くらいですかね。嵐でも止まらず動いてるとさらに倍前後もらえます。2005/12/14までは経験値は全く入りませんでした。
  16. 洋上の速度アップ(2007.08.22〜、2008/07/23〜)
    2007年のほうは速度キャップが上昇し、大型クリッパーの意義が初めて示されました。2008年では積載量、対波性能に応じて速度アップ。これ以前にラパヌイオンラインを完了したユーザーは乙ってことです。無論私もw これによって大型クリッパーでなくても海域によっては速度キャップに引っかかり、大型クリッパーの優位性が若干損なわれるようになりました。速度キャップそのものを無限にしないと意味がないですなぁ。
  17. 沈没船、開拓地納品、アカデミーなどで経験値を得られる。
    沈没船はカンストしてから登場したのですが、セカンドでやって何気に美味しいことに気づきました。沈没船は2008/4/16に発見物がなくても終了時に経験値が入るよう修正。アカデミーは2007/10/3から経験値アップ。開拓地納品は2008/7/23にアップしてるみたいです。
  18. 陸戦で冒険経験取得(2009/12/15〜)
    陸上戦に勝利した際に、冒険職だった場合、冒険経験を獲得するように変更。
  19. クエスト請負画面で「依頼斡旋書」を使用できる機能を追加(2010/11/16)
    「息をするのも面倒だ」って人が要望したのでしょうw


他に「クエストを請け負っていても、依頼仲介人から依頼を見ることができる機能を追加」(2005/12/14〜)なんかも何気に便利だったりします。
さらに商館特典でたまに登場する「クエスト遂行補助」は報告時経験にランク6商会の場合は+20%上乗せしてくれます。毎月必ずというわけではありませんが、この間に集中的に冒険すると大きいです。

仕様ではありませんが、最初は存在しなかったクエストWikiに頼って効率のいい航海をするようになったのも、2005年末〜2006年初頭くらいから出てきた傾向だと思います。
このせいで情報すら読まないでプレイする人が増えた気がしますね。
私は数多くのクエ情報を提供した立場なので複雑な心境ですが…。
最近はこのような傾向から、スキルが優遇のクエだけ狙って効率よくプレイするというのがスタンダードなようで…。

こんなところでしょうか。
中ランククラスの美味しいクエが大幅に増えたのも加速できる要因でしょうね。
もうマゾいとは言わせない冒険です。
同じクエや地図をやらなくてもカンストできるようにはなってるようですが、ちょっと楽すぎる気がしますね。

また何かあったら追記していきます。
posted by アミバ様 at 19:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 大航海時代Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。